2010年06月02日

iPadで案内、作者の詩朗読も…富弘美術館(読売新聞)

 手足の障害を乗り越え、口に筆をくわえて詩画を描く星野富弘さん(64)の作品を展示している富弘美術館(群馬県みどり市東町草木)は6月4日から、米アップル社の新型情報端末「iPad(アイパッド)」を利用した案内サービスを始める。

 端末は美術館にあるカフェで料理を注文した来館者を対象に、無料で希望者に貸し出す。

 iPadの画面には、「星野富弘さんについて」「代表作品」などの項目が並ぶ。それらを指で触れると、一部の作品について映像と解説付きで見たり、星野さん本人の朗読を聞いたりすることができる。星野さんの幼少時代の写真や、美術館周辺の飲食店情報、宿泊施設なども表示される。

 カフェでくつろぎながら作品を振り返り、より理解を深めてもらいたいという。人気のiPadを使うことで、20〜30歳代の若者を中心に、美術館を今まで以上に楽しんでもらうことも狙っている。

 星野さんの作品の絵はがきなどを作っている美術出版社「グロリア・アーツ」(川崎市)が提案し、実現した。

米沖縄海兵隊 北海道での訓練を公開(毎日新聞)
iPadに1200人並んだ!パトカーも来た!(スポーツ報知)
小沢氏会見、1日に延期(時事通信)
【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(上)「総理 なぜ決断できぬ」(産経新聞)
「意見交換しただけ、引き続き話し合う」官房長官(読売新聞)
posted by ヨシムラ セイジ at 07:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。